男のきもの えいたろう屋

THE JAPANESE SPIRIT | 京都発の“男のきもの専門店”です

お問い合せ 075-211-2255
〒604-8166 京都市中京区三条通烏丸西入北側 文椿ビルヂング1階東南角
存在の耐えられない軽さ

存在の耐えられない軽さ

京都は今でこそ観光都市として脚光を浴びていますが

少し前までは(まあ、いまでも)

高度成長や流行の最先端という世界からは遅れています。

いい具合に取り残されたのが

結果として観光資源として活きた、ということなのかな思います。

同じ文化でも、京都は伝統、東京は先端。

これは今も大きくは変わりません。

京都は中途半端に都会なので、京都人の一部は「東京にも負けない」と思っていますが

京都人が思っている以上に先端という意味においては開きがあります。

ただ・・・

残念なことに日本の先端文化というのは

少なくとも明治維新以降、常に西洋からの輸入品でした。

まあ、それ以前から舶来でしたが。

戦後の急激な西洋化を先進文化の発展と捉えるならば

東京は独自のものはほとんど生み出していません。

概ね、他所で創造されたものを消費する街であり続けています。

少なくとも江戸が生んだオリジナリティ溢れる文化は

東京にはありません。

そしてそれがそのまま今の日本の象徴です。

今も西洋の文化文明に精通していることにマスメディアで最大級の評価がされる日本。

その基準で一人勝ちの東京に、地方が羨望する。

そしてマスメディアの関係者は東京羨望の地方出身者が自ずと多い。

この構造に掉さす者は少ないです。

もちろんそれが悪いとまでは思いません。

でも格好いいとは絶対に思いません。

イギリスで英語が上手いと自慢するくらい格好よくないです。

そんな姿の行く末に日本という国の存在意義があるのかどうか。

自国の存在の耐えられない軽さが

私の動力源なのかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です