男のきもの えいたろう屋

THE JAPANESE SPIRIT | 京都発の“男のきもの専門店”です

お問い合せ 075-211-2255
〒604-8166 京都市中京区三条通烏丸西入北側 文椿ビルヂング1階東南角
最後の紗?

最後の紗?

夏着物猛暑の頃に比べると
幾分は涼しくなりましたね。

まあ、台風が来ているから天気が崩れてるんですが。

でも京都は湿気がかなり出てきています。
今は麻絽の襦袢に紗の夏着物が丁度いい感じです。

これからホテルで会合なので
冷房が効きすぎていないか心配ですが・・・。

ホテルは冷房効かせ過ぎです。夏の着物はスーツと違って涼しいんだから!襦袢

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメント

  • 小川澄雄 より:

     初めまして、「男のきもの大全」からこちらに訪問しました。よろしくお願いします。
     “ホテルは冷房効かせ過ぎ”とのご指摘はその通りですね。ホテルばかりでなく、催し物の場に行くと、たいていの所が寒くてふるえます。どうにかならないものでしょうか。

    • こんにちは。ありがとうざいます。
      季節の変わり目や冷房対策は下着で調整したりします。たとえば夏用の下着でなく、ガーゼの肌襦袢や肌にフィットするメリヤスの肌着をつけるとかでかなり凌げることがありますよ。あと、首から肩の冷えを守る絹やガーゼ素材のショールは、男でも夏の必需品になってきそうですね。特にガーゼ物は中では温かく、外では応急の汗拭き用にもなって最近では手放せなくなってきました。(簡単に洗えますしね)
      逆に秋口は、単の着物に麻の襦袢(衿だけ替えて)とか夏用下着とかを合わせて残暑を調整します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です